萎えた風俗嬢の言動

好きな気持ちは人それぞれだと思いますし

どんな形で風俗を楽しむのかに関しては、まさに人それぞれなので他人にあれこれ言うつもりもなければ、他人からあれこれ言われることもないっていうか。むしろそれが当たり前の話だと思うんですよね。自分自身でも思うんですけど、風俗って本当に自分の世界での話だと思うので、他人が介在する余地はないですよね。でも、唯一介在することが出来るのが風俗嬢だと思うんですよ。風俗嬢の存在はとっても大きいと思うんです。それは性的なパートナーとしての存在感はもちろんですけど、選べるじゃないですか。世の中にはいろいろとたくさんの風俗嬢がいますので、お客である側が選べるんです。それもまた、風俗のテーマですよね。誰を選ぶのかによって、楽しさそのものが変わってくると言っても過言ではないだけに、どの子を選ぶのかはもっと真剣に選ばなければならないことなんじゃないかなって思いますしね。だからこそ、風俗は男としてのロマンが詰め込まれているとも言えますよね。

反応が欲しいからこそです

風俗嬢を攻めるのは、相手を気持ちよくさせたいからじゃないと思うんです。それ以上に、どんな反応を示してくれるのかという点だと思うんですよね。その点で風俗で感度を求めている人は結構多いと思うんですよ。だから貧乳もありなんじゃないかなって思いますね。自分もこの前ですけど、遅ればせながら初めて貧乳の女の子と楽しんだんです。どんな展開になるのかなと期待していました。感度が良いであろうことは分かっていたので、どれだけ攻められるのかをテーマにしたんですけど、やっぱり良かったです。むしろ攻めたいなって思っている人にとっては、風俗では貧乳を選ぶべきなんじゃないかなとさえ思いました。それくらい自分にとっては衝撃的な展開になったんじゃないかなって思います(笑)貧乳って見た目ではどうしてもマイナスというか、巨乳と比べれば劣るかもしれないんですけど、感度に関して言えば巨乳よりも素晴らしい物を持っているんじゃないかなって思いますね。