萎えた風俗嬢の言動

夜の光がそうさせるんです

夜になると、風俗街の雰囲気って大きく変わるじゃないですか。風俗街が自己主張を始めるというか、昼間歩いても何も思わないんですけど、夜だと「歓楽街」な雰囲気になるので、そこまで風俗気分ではなかったとしても、ついつい楽しもうかなって気持ちになってしまうんですよね。むしろその気持ちの変化もまた、楽しいものじゃないですか。それだけに、夜になると何かを楽しみにしているのか、つい歓楽街に足を運びたくなる自分もいるんですよね。歓楽街って歩いているだけで男心を刺激してくれると思うんです。実際に風俗嬢と遊ぶのかどうかを別として、単純に歩いているだけでも男としての楽しさが待っているんです。その中からどれにしようかあれこれ選ぶだけでもそれはそれで楽しいものですし、そこから思い切ってお店の中に入って女の子と楽しむのもまた、それはそれで自分の中ではとっても楽しい時間になるのは紛れもない事実なんです。やっぱり風俗は男心を分かっていますよね。

覚えてくれていたんですよ

偶然なのか、それともそれが彼女のスタイルなのかは分からないんですけど、前回良かったのでリピートしてみたんです。風俗でリピートすることって、実はあまりないんですよ。滅多にないことなだけに、自分でも本当に驚かされましたけど、その気持ちは抑えられないなと。それで風俗で久しぶりとなるリピートをしてみたんですけど、相手が覚えてくれていたんです。これは結構大きいですね。覚えてくれているってだけで、何となくこっちのテンションも高くなるんですよ(笑)しかも適当に言った営業トークじゃなくて、本当に覚えてくれていたんです。だって何を話したのかまでしっかりと覚えてくれていましたからね。それって実際の所、ありがたいじゃないですか(笑)何だか自分が必要とされているというか、自分の存在を認識してくれているのかなって気持ちにもなったので、彼女に関してはリピートして良かったなって気持ちになりましたね。プレイの方は言うまでもなく盛り上がりましたしね。