萎えた風俗嬢の言動

すっかりソープにハマっている自分

以前は風俗の中でもソープだけは手が出せなかったんです。お金の問題もありますけど、他の風俗と比べると何となくハードルが高いように思ってしまっていたんですよね。入浴料とサービス料が別れていたりと、利用したことがない自分にとっては分かりにくい部分があったのも事実なんですよね。それに、ソープ以外にも良い風俗はたくさんありますので、それで十分だろうっていう気持ちもありました。でもいつまで経ってもそのままだとソープがどんな風俗なのか分からないじゃないですか。それでいつだったか思い切って足を運んでみたら、想像以上に面白いことに気付いたんです。そして、いつしかソープにすっかりとハマるようになっていたんですよね。むしろソープは女の子の個性が出やすいので、遊んでいて楽しいなって思えるようになってきたんですよ。女の子も丁寧だしサービス精神というか、こちらを楽しませようとしてくれる子が多いので、今ではソープが一番です(笑)

見ておいて損はしないけど、全てではない

ホームページは風俗店であれば当たり前のように持っている時代で、むしろホームページを持っていない風俗の方が珍しいレベルと言っても良いんじゃないですかね。特にデリヘルの場合、ホームページを持っていないのは死活問題と言っても良いですよね。デリヘルにとってはホームページこそ受付のような存在なんです。ホームページを持っていないデリヘルがあるとすれば、営業する気があるのかってレベルの話になってしまいますね。それくらいホームページの存在感は高まっていると思うんですけど、でもすべてではないのもまた、一つの事実ではあるんですよね。有益な情報コンテンツだとは思うんですけど、だからといってすべてではないので、ホームページを見るだけでは分からないことがあるのも当然だと思うんです。ホームページだけで全てが分かる訳ではないので、最終的には自分がどう判断するのかですよね。だから参考に留めておくくらいが丁度良いのかなって思いますよ。