萎えた風俗嬢の言動

評判よりもまずは試してみるべきかな

口コミなど評判がとっても大切なのは間違いないことだとは思いますけど、でも実際に試してみないことには分からないこともまた、風俗には言えるんじゃないかなって思いますけどね。風俗ってお店や女の子も多いですけど、それ以上に利用者も多いんです。だから利用者によって、どんな気持ちになったのか違うんです。つまり、評判ってインターネット上で探せるものがすべてではないと思うんですよね。風俗を利用した人で、口コミを投稿する人としない人とでは、明らかに投稿しない人の方が多いと思うんですよ。だから評判・口コミはすべてではないというか、むしろそれらはともすれば少数派意見かもしれないんですよね。だから評判は参考にはしますけど、あくまでも自分の目で確かめるというスタンスの方が重要なんじゃないかなって思いますけどね。それに、評判と違って良かったってケースは、実際結構多かったりするので、決してすべてを鵜呑みにすることはないんじゃないかなって。

中心にあるのは風俗かもしれない

自分の中心にあるのは風俗と言っても良いでしょうね。そこまで頻繁にお世話になっている訳じゃなく、月に一度か二度程度なものではあります。でも、存在感という点では他の何よりも大きいんです。実際の所、風俗があるからこそ頑張れるって言っても過言ではないんです。つまらない非日常や、何もかもいろいろな形で頑張れているのも、すべては風俗のためと言っても決して過言ではないんです。むしろ風俗から逆算するケースだって珍しくはないですよね。週末に風俗に行く場合、「あと何日頑張れば楽しみが待っている」と考えることが出来るじゃないですか。こういった考え方が出来るのも、結局は風俗のおかげと言っても決して過言ではないし、むしろ風俗が無かったら何を心の支えにして頑張れば良いのか分からないですよね。それくらい貴重なものだと思うので、その分自分も風俗に関してはがっつりと楽しんでいます。悔いを残さないように…というとスポーツみたいですけどね(笑)